ここをクリックすると、TOP ページへ移動します。

TOP > A列車で行こう TOP > A列車で行こう 6 > 駅前の地価による発展具合

 

お得なデータ

駅前の地価による発展具合

住宅

駅前の地価

発展範囲

発展規模

290万

10×4 (40)

大規模発展

210万

10×4 (40)

大規模発展

290万

6×4 (24)

中規模発展(2種類?)

210万

6×4 (24)

中規模発展

90万

6×4 (24)

中規模小発展

210万

5×4 (20)

小規模発展 または停滞

90万

5×4 (20)

停滞

20万

5×4 (20)

小規模発展

工業

駅前の地価

発展範囲

発展規模

220万 ?

9×4 (36) ?

未確認

170万

9×4 (36)

大規模発展

220万

6×4 (24)

中規模発展

170万

6×4 (24)

?

70万

6×4 (24)

中規模発展

170万

5×4 (20)

小規模発展 または停滞

70万 ?

5×4 (20) ?

未確認

20万

5×4 (20)

小規模発展

商業

駅前の地価

発展範囲

発展規模

410万

10×4 (40)

大規模発展

330万

10×4 (40)

大規模発展

410万

7×4 (28)

中規模に大発展

330万

7×4 (28)

中規模に中発展

120万

7×4 (28)

中規模に小発展

330万

5×4 (20)

小規模に大発展 または停滞

120万

5×4 (20)

停滞

20万

5×4 (20↑)

小規模発展

観光

駅前の地価

発展範囲

発展規模

230万

7×4 (28)

大規模発展

20〜330万

7×4 (28)

大規模発展

230万

5×4 (20)

停滞 または・・・

20万

5×4 (20)

停滞

農業

駅前の地価

発展範囲

発展規模

150万

8×4 (32+3)

大規模発展

90万

8×4 (32)

大規模発展

150万

5×4 (20)

中規模発展

90万 ?

5×4 (20) ?

未確認

50万

5×4 (20)

中規模発展

150万 ?

5×4 (20) ?

未確認

50万 ?

5×4 (20) ?

未確認

20万

5×4 (20↑)

小規模発展

※ 停滞すると、住宅や工場などが建ち、初期状態の発展となります。
※ MAP端で作る駅に関しては発展範囲が狭くなります。
※ ここでの発展範囲は、地価が変わる範囲であり、実際の発展範囲は異なるようです。
※ 発展範囲は半径です。駅前ロータリーの真ん中を原点と考えます。直径は半径×2+1 となります。40 なら 81マス× 81マスが発展範囲となります。

WaterFront さんの資料をもとに作成しました。

 

ホームへ 前に戻る