:: DQ3 オリジナルストーリー 序章 - プロローグ

ある日の朝、アレルの部屋にママがきて・・・・

アレルのママ「アレル、アレルったら!! いつまで寝てるの! もう10時だよ!」

アレル「うーんねむーい・・」
アレルのママ「なにいってるの!今日は、王様に会いに行く日でしょ! 自分で約束したんじゃないの!いいかげんに起きなさいっ」
アレル「んもう ねむいったら」

アレルのママはアレルの寝ているベットのフトンを取り上げた!!!

アレル「ちょっとお さ、さむーい ふとんかえしてよー」
アレルのママ「早く起きて、きがえて!」
アレル「もーうるさい」

アレル「・・・・ あ、おきよ・・」

アレルは洋服に着替えた。

アレル「・・・しまった・・!!! もう、なんでいちいち・・こんな勇者のコスチュームに着替えなくちゃならないわけ?」

アレルは勇者になった!
LV1 性格:ずのうめいせき 身長 162.5cm 体重 52.5kg

アレルのママ「あ、何も食べないの?」

アレル「うん、いらないいってくる、まにあわなくなるから!」
アレルのママ「そう? はやくいってらっしゃい!」
アレル「はーい」

アレルはルイーダへ向かう

アレル「あ、あれ? ・・・あ、ちがった・・・ 先に王に会いに行くんだっけ・・・あは♪」

アレルのママ「まったく、あのこはとても勇者オルテガの娘には見えないわねぇ・・だれに似たのかしら。私にかしら」

アレルのおじいちゃん「なんじゃわしか?」
アレルのママ「あ、おとうさんも今起きたの?」
アレルのおじいちゃん「さっきからおるわぃ」

アレルはアリアハンの城にはいる

アリアハン王「おお、よく来た 勇者オルテガのむう・・・いやアレルよ」
アレル「あのー・・王様! 質もーんっ!!!」
アリアハン王「ふむ、なにかね」
アレル「みんな魔王、まおうって言ってるけど、魔王って、どこにいるの? わたし顔もなにも知らないよ。」
アリアハン王「ふむ・・・わしもじゃ」

アレル「ふーん・・・」
アリアハン王「・・・」

アリアハン王「まあ、・・・勇者オルテガ殿のように適当に行ってきてくだされ」
アレル「・・・まあいいわ。じゃルイーダに行くんだっけ。」

アリアハン王「気をつけてくだされよ・・・おぬしはアリアハンの誇れる勇者オルテガのむうう・・・ゴホ!! 娘なのじゃからな。」
アレル「はあーーーい・・」

アリアハン王「ところでのう、アレルよ。」
アレル「はい?」
アリアハン王「さっきから気になっておるのだがの」
アリアハン王「おぬし、髪が乱れておる ほら、大臣!!」

そばにいる大臣「アレルどの! 鏡ですじゃ!!」
アリアハン王「左じゃ そりかえっておる」

アレル「きゃーーほんとだっ」

アレルは、いきなり、王の間をかけおりた!!

アレルはすぐもどってきたっ

アレル「はぁはぁ・・ ただいま~」

大臣「ふむ、なおっておる・・」
アリアハン王「おもしろいのう」

アレル「じゃああらためて、いってきま~す おうさま!大臣様!」
アリアハン王&大臣「きをつけるんじゃよ」
アレル「は、はい」

大臣「王様、大丈夫ですかのう・・わたくしは心配ですじゃ」
アリアハン王「ああ見えても、オルテガ殿の娘。大丈夫であろう」

アレルは城下町を散歩している。

アレル「はあー・・楽しい旅したいなあー♪ 誰と一緒に行こっかな♪」

アレルはルイーダの酒場に入る

アレル「こんにちはー♪」

アレル「ねえ、そこの おじいちゃん! 私と一緒に旅しない? 私がいるから楽しいよおー!!」
おじいちゃん「ふえ・・・モゴ・・ だれじゃあ おぬしは?!」
アレル「私、勇者オルテガの娘 アレルでぇーっす!」

おじいちゃん「ふぇ・・もごもご・・・・ ほぅ あの オルテガの娘さんかの。」
アレル「うん。なんか有名人みたいになっちゃったけど、わたしはわたしなの!!」
おじいちゃん「ふむふむ。 なんでわしなんじゃ?」
アレル「なんか強そうだから♪」

おじいちゃん「よっこらしょ・・・ むふぅ・・ では アレルとやらよ。こんな老いぼれでよければお助けするぞい!」
アレル「はーい♪ (やりぃ!! 1人目ゲット♪)」
おじじ「おっと、わしは おじじ というものじゃ。78歳 武道家じゃ。よろしくのおおー」

アレル「じゃ! 一緒に行こうね!!」

おじじ・・・身長165cm 体重57.0kg 性格:不明 Lv.99

ある子供「あ、おじじ ??」
おじじ「なんじゃい」
ある子供「あ、やっと勇者様に誘われたんだ」

おじじ「ふむやっとじゃ ここで26年待ってたかいがあったわい」
アレル「え・・? ちょっとまった・・・26年って・・??」

おじじ「そうじゃよ。昔はあのかたと冒険したわい。いっしょにいたおなごもわすれられんわい♪」

アレル「・・・なんで、いまここにいるの・・・?」
おじじ「いや、はずかしいわい ちょっとしたことじゃよ・・」

アレル「ふーん、・・・・そっかvv」

アレル「わたしにもおなじことしたらゆ!る!さ!な!い!からね!!」
おじじ「ふぉーっふぉっふぉ♪」
ある子供「おじじはこーみえてもめちゃくちゃ強いんだよ!」

アレル(強そうなのはいいけど、ひとってみかけによらないのねえ)(ぶつぶつ・・)

ある子供「いいないいなー♪ わたしも 行っていい?」
おじじ「だめじゃ! おまえさんはここにいろ」
ある子供「なんだよー!なんでだよ!?」
おじじ「ふんっうらやましいかっ ふぉっふぉおー♪」

アレル「さっきからそのこ だれ??」

おじじ「ん、このこか?わしのマゴじゃよ。」
おじじのマゴ「そ! よろしく~~♪♪」

アレル「ふーん・・」

おじじのマゴ・・・・職業マージLv2、10さい、性格・おちょうしもの

アレル「じゃあいきましょっか(あ、わすれてたあとふたり^_^;;)」

おじじ「ということじゃ、おまえはここでまっておれ」
おじじのマゴ「いやだいきたいつれってってよ?!」
おじじ「だめじゃといったら だ・め・じゃ!」
おじじのマゴ「むか~! エロおじじ どうせ、すぐ戻ってくるんだから」
おじじ「ふぉーっふぉっふぉ もどりわせんわぃ たのしい旅になりそうじゃわい」
おじじのマゴ「さっさといってきなよっ!!」

おじじのマゴは、なにかをたくらんでいる

おじじのマゴ(ふん・・このままだまってるわけないじゃん)

おじじ「ふうぅ・・・やれやれ。 アレルとやらよ、ちなみにわしにはこいつともうひとりのマゴがおるんじゃよ」
おじじ「そいつも元気でのぅ。」
おじじのマゴ「そそっ! わたしのおにいちゃんっ・・おにいちゃんとは双子なんだよ!」

アレル「このこの・・? はあ・・・子供って・・」

アレルは気を取り直してカウンターにいる二人に目をつけた。

アレル「あ、・・・・・あのさあ、・・えっと・・・だれだったっけ??」

おじじ「おじじじゃよ しっかりしてくだされよアレルどの・・」
アレル「・・おじじってさあ、なんかうそっぽいよね、なまえ。」
おじじ「そうかの・・・そうじゃのお もちろんほんとうの名前ではないのじゃよ」
アレル「やっぱり で、ほんとのなまえはなんてゆうの?」
おじじ「なまえは、いいじゃろべつにどうでも」
アレル「そう・・? やっぱり気になるよ~」

アレル「あ、それより、昔の勇者様、どんなかんじ?だった??」
おじじ「むう、26年も前のことじゃがのう」

おじじ「ききたいかい?」
アレル「うん」
おじじ「ふむ・・」

おじじ「あのかたは、ほんとうに賢かったワイ」
おじじ「じゃがの、わしのせいで、の・・」
アレル「??」
おじじ「いや、むかしのことはいいじゃろ・・もうはなしたくないんじゃーよ・・」
アレル「そう・・なにがあったかわかんないけどおたがいこれから一緒に旅するんだから」
おじじ「なんじゃい」
アレル「だから えっと とにかく」

おじじ「アレルどの、まだ、わしの過去やら聞かせるのに、おぬしは旅の経験がまだ少ない」
おじじ「機会があったら、旅の途中で教えてやるぞい、いい話じゃーよ・・」
アレル「うーん、、そんなもったいぶらなくってもさあ・・」

アレル「あーーもうっ! なによぉ・・ききたいかいって言っておいて、聞かせてくれないなんてぇ・・」

おじじのマゴ「あれ、まだいたの?! なにしてるの」
おじじ「こんどはなんじゃいっ」
おじじのマゴ「どーしても、・・だめ・・?」
おじじ「だめじゃ」
おじじのマゴ「なんで だめなの?」
おじじ「それはのう、おまえさんが大切だからじゃよ・・それにのう おまえはまだしらないじゃろうが・・」
おじじ「勇者様のたびはの、4人が限度なんじゃよ」

アレル「そういえば・・・」
おじじのマゴ「あそうなんだ、・・てそんなのだれが決めたの?」
おじじ「ふむ・・それはのう・・」
アレル「あのー、わたしもしつもーん・・」
アレル「そうよね。4人って、誰が決めたんだろ・・おじじさん詳しそう ねえなんで??」
おじじのマゴ「なんで~~??」

おじじ「わ、わしに聞かないで下され わしも知らないんじゃよ 王に聞いてくだされ・・」
おじじ「王が決めたんじゃよ(あわわいいかげんなこといってしまったわい・・)」

おじじ「ふーむ・・もういいじゃろ アレル殿、はやく二人をきめてくだされよ」
アレル「はああーい」

アレル(なんで4人・・4人・・ 10人くらい連れて行きたいな♪)
おじじのマゴ(でもあきらめないよ♪)

おじじのマゴ「おねえちゃん!」

アレル(ぶつぶつ)
アレル「あ・・え?? なに??」
おじじのマゴ「おねえちゃんって、何才??」
アレル「え?わたし??(なに?!いきなりなに聞くんだろこのこ・・)」
おじじのマゴ「そそ! ・・」
アレル「わたしは、・・じゅう・・」
おじじのマゴ「18!!」
アレル「?! ななに?? 16だよ・・」
おじじのマゴ「そっか ほんとは20さいくらいだとおもった」
アレル「・・・わたしって そんなに大人っぽく見えるっ??」
おじじのマゴ「みえなーい」
アレル「じゃあなんで20さいなの?」
おじじのマゴ「だって っさ、いろいろさあ」

おじじ「こりゃ! 」
おじじのマゴ「ふーん」

アレル「・・・ひどーい・・」
アレル「それって、どーゆー意味?!!」
おじじのマゴ「・・あ・・」

アレル「もういや~~っ!!」

アレルはいきなりルイーダを出た!!

おじじ「おまえさんわ・・悪いくせがでるのう、ほら、あやまってくるんじゃいっ!!」
おじじのマゴ「うん・・でもアレルおねえちゃんのいえ、知らないよ・・」
おじじ「こまったのう(楽しいたびがだいなしになってしまうわい)・・・わしもすこし悪かったのう・・」

おじじ「いいな! おまえさんはここでちょっと待っておれっ」
おじじのマゴ「うん?なに?」

おじじはふたたびルイーダに入った

おじじ(たしか、アレルはあのオルテガの子供だったの。)
おじじ(アレルどのはまだ有名じゃなかろうが、オルテガ殿なら家くらい知ってるものもおるじゃろ)

5分後

おじじのマゴ「つまんなーい・・」

おじじ「またせたぞい わかったぞ!」
おじじのマゴ「どこ??」
おじじ「あーいってこーして、ここを曲がって、ここじゃっ!!」
おじじのマゴ「ねえ、おじじ いっしょにいかない?」
おじじ「だめじゃ! おまえさんひとりでいってこいっ お前さんが原因じゃろっっ」
おじじのマゴ「おじじだってぇ~~」
おじじ「とにかくわしがいっちゃあだめなんじゃよ わかるかのう?」
おじじのマゴ「わかんないよー」

おじじのマゴ「わかった、ひとりでいってくる」
おじじ「わしはルイーダにおるから きをつけていってくるんじゃよ」
おじじのマゴ「うん・・」(なんかこわいなぁ)

アレルは自分の部屋で ベットでうつぶせ

アレル「あたし、たのしく旅したかったのに」
アレル「いきなりあれだもん、なんかへこんじゃう・・」
アレル「あーもういきたくないよぉ」
アレル「もうやだ・・そもそもなんで旅したかったんだっけ わかんなくなっちゃった」

だれか(こんこん)
アレルのママ「だれだい」
だれか「あのー、わたし おじじのマゴです~ アレルおねーちゃんいますか~?」
アレルのママ「アレル? ちょっとまってね」

アレル(ぶつぶつ)
アレルのママ「アレル! あんたお客さんだよ!」
アレル「やだ 会いたくない」
アレルのママ「なにいってるの! ちいさなこが せっかくきたっていうのに」
アレル「え? ちいさなこ・・?? もしかして・・」

アレル(あ、さっきの・・)

おじじのマゴ「あ、・・」
おじじのマゴ「ご、ごめんなさいっ!!」
アレル「いいよもう・・」
おじじのマゴ「まだおこってる・・??」
アレル「べつにおこってなんかないよ・・」
おじじのマゴ「ねぇ・・おねーちゃん、ごめんねー・・」

アレル「あ・・」

おじじのマゴ「・・・」
アレル「な、なかないでよ・・」

アレル「・・・ねえ、ちょっとだけわたしといっしょに散歩しない? 気分転換とかさあ」
アレル「いいところしってるんだ~わたし」
おじじのマゴ「うんっ!」
アレル「おじじは?」
おじじのマゴ「おじじ? ルイーダで待ってるって。」
アレル「そっか。おじじさんには悪いけど、ちょっと寄り道♪」

アレル「はぁ~~」
おじじ「おっっ その様子じゃとうまくいったようじゃの!」
アレル「うん このこに元気付けられちゃった」
おじじのマゴ「おじじ、楽しかったよ!」
おじじ「え?なんのことじゃあ~?!」
アレル「あ、えっと、なんでもないvv」
おじじ「ひどいのうわしには秘密かのお!」
おじじ「ま、こいつにもいいところあるわぃ! ふぉふぉさすがわしのマゴじゃ!」

アレル「でさあ、おじじは武道家。」
アレル「あとのふたり、だれがいい?おじじさん」
おじじ「んん? わしの推薦か!! そうじゃのう・・」
おじじ「おなごじゃっ!!」

アレル「・・・ちょっとぉふざけないでよ!」
おじじ「ふぉっふぉっ♪ じょーくじゃよ♪」

おじじ「ふむ、わしとしては、盗賊と僧侶がいいのう」
おじじ「遊び人もすてがたいのう。」

アレル「そうりょ・・盗賊ねえ・・」
アレル「そうりょはいいけど、とうぞくはいらないんじゃない? なんかやらしいもん」
おじじ「そうかのお・・ ならばマージはどうじゃ?!」

アレル「マージ・・・」
おじじのマゴ「・・・・」

アレル「あのさあ、このこじゃだめなの?」
おじじ「だめじゃ」
おじじ「こいつには危険な目に合わせたくないんじゃーよ かわいい孫じゃ!」
おじじ「それに双子のかたわれに長い間会えなくなるじゃろ! それじゃああいつもさみしいじゃろう」
おじじのマゴ「・・・」

アレル「おじじさんって、ほんとはやさしいんだねー えっちいぽかったけど最初は。」
おじじ「ふぉーっふぉふぉっ そうかの!」

アレル「・・、で、どうしよう」

アレル「あのこ、つれてかない?」
アレル「きっといい経験になると思うんだわたし。いまなら」

おじじ「ふーむ・・・どうするかのうぅ・・」

アレル「・・・」

おじじ「よし! きめじゃ!! あいつもつれていくぞ!!」
アレル「わあ、それきいたらあのこよろこぶよーぜったいっ!」
おじじ「ふぉーふぉ!そーかの!! おにいちゃんにわわるいがのう!」
アレル「きまりね!」

アレル「ねーーーえ!! こっちおいでーー!!!」

おじじのマゴはかけつけた!!

おじじのマゴ「なに??」
アレル「あのね、おじじさんが、つれてってもいいって!」
おじじのマゴ「え・・ほんとおじじ?!」
おじじ「ふむ。いいんじゃーよ」
おじじ「このわしが、おまえさんを守ってやるワイ! わしはこうみえてもまだまだじゃっ」
おじじのマゴ「わーいい!! はやく! いこ!!」
おじじ「まちなされ!! まだあとひとりじゃ!」
アレル「うん」
おじじ「僧侶なんじゃな?」
アレル「うん・・そうだけど・・」
おじじ「わしら3人にぴったりなやつがおるんじゃ」

おじじ「こっちじゃよ!」

おじじ「おい、おまえさん!」
謎の男「んぁ んだよ・・」

アレル「あのー、わたし、アレルです。オルテガの娘です。」
おじじ「でな・・」
アレル「えっと、あなたと一緒に旅したいです いいでしょうか?」

謎の男「お! オルテガの娘か・・」
謎の男「いいぜ・・あのオルテガさんとどうちがうかしらんが・・」
謎の男「おれの名を広げるには・・」
おじじ「おまえさんのう、もうちょっと素直に、いや、もっとやさしくなれんかのう」
謎の男「うるせえ おれはおれだ わすれるな」

おじじ(こやつはちょっと問題があるが、まあいいじゃろ)
おじじ「ふむぅ まあいい・・」

おじじ「アレルとやら、こいつはの、みたとおりじゃーよ いいかの?」
アレル「・・・いいよ。おじじさん推薦だから」
おじじのマゴ「決まったねー」
アレル「うん」
おじじ「そうじゃな」
謎の男「ん、で、すぐにか。」

おじじのマゴ&アレル「行こう!」
謎の男「ふっ・・」

おじじ「おまえさんも、これですこしははれるじゃろう!」
謎の男「ふん・・おまえには関係ない・・」

おじじ「ふむぅ・・(・・・おまえさんも深刻じゃのぅ・・)」

謎の男・・本名不明、職業:僧侶 Lv8、25才、178cm、74kg、性格「ひねくれもの」+「いっぴきおおかみ」
やっとこさ、アレル達4人の冒険が始まる・・

続きを読む

▲ ページ TOP へ戻る