:: DQ3 オリジナルストーリー 第 1 章 - さあ、出発

ここは、アリアハンの外。
か弱いモンスターがい、いるはず。

アレル「ハァー・・・ここがお外かあ。わたしあまりアリアハンのお外出たことないんだよね。だからちょっと怖いなぁ・・」
おじじ「ふぉーっ ふぉふぉ! わしがいるからだいじょーぶじゃーよ♪」
おじじのマゴ「わたしだって、これからうーーーーーんと強くなるんだから!」
おじじ「ふむぅ 孫の成長が楽しみじゃわぃ♪ ふぉっふぉっ♪」

謎の男「おい! さっきからおれを無視してないかっ!!?」

謎の男「ち・・ せっかくいいネタもってんのによぉ。ふっ・・」

アレル&おじじのマゴ「あ、ごめーん♪」
謎の男「うへっっ やめろっ・・・きしょいわ・・」

おじじ「おまえさんの・・」
謎の男「うるせえよ・・おれはおれだわすれるな・・・」
アレル「またぁ~~・・・ハァ」
おじじのマゴ「このひと、おもしろいね♪」
おじじ「ふむ」

アレル「(ごにょごにょ)ねえ、このひと、ほんとに頼りになるの?」
おじじ「(ごにょごにょ)・・・性格にちょっと問題があるがの。だいじょーぶじゃーよ。安心しなされ」
アレル「(ごにょごにょ)うん・・まあ、おじじさんがいうんなら・・はーいわかりました。」

15分後 あたり一面 草原

アレル「うーん、さっきからさあ、モンスターぜんっぜん見ないよねぇ。」
おじじ「ふむ。わしのころは、たくさんおったのじゃがのう・・おかしいのう」
アレル「って、ゆうかさあ、その、魔王ってさ、そもそもなんで悪いの??」
おじじ「わ、わしにきかないでくだされよぉ・・お願いじゃよ・・・」

おじじ「魔王がなにかたくらんでおるのかのう、モンスターがいないとわのぅ。」

アレル「あ、そうじゃなくてさ、私が言いたいのは、えっと、・・・あーもうっわかんなくなっちゃったよぉ」

アレル(ぶつぶつ・・)

おじじ(ふーむ。魔王のヤツ、いったい何をたくらんでおるか!)

さらに10分後 遠くに森林が見えてきた

おじじのマゴ「(ごにょごにょ)・・・おじじ・・」
おじじ「なんじゃいい?」
おじじのマゴ「(ごにょごにょ)お、おといれ 行きたい・・」
おじじ「と、といれじゃとぉ~?!こ、こまったのうう・・ ここいらに といれなぞないわぃ・・」

アレル「ねえ、どしたの」
おじじ「ふむ、マゴがの」
おじじのマゴ「おねーちゃん、トイレ行きたいよ」
アレル「え? トイレ??」

謎の男「おい、さっきからなにやってんだよ」
おじじ「あ、いやむぅ、マゴがの、トイレに行きたいとのぅ」
謎の男「といれだとぉ・・・ふっ」

アレル「困ったわねぇ」
おじじのマゴ「あーー どうしよー」
おじじ「ふむぅ・・・しかたないわぃ! そこの草陰でするしかないわぃ」
アレル「ち、ちょっとぉ!!おんなのこにそれはないんじゃない!?しかもモンスターに会っちゃったら どーすんのよ!!」
おじじ「あ、むぐ、もごもご・・・ふうぅえ」

謎の男「おーい 俺を忘れてないかよ?!」

おじじ「し、、、しかたないのう! 全速力でアリアハンに戻るのじゃ!!」
アレル「はぁあ なんでまた 戻るわけ?!・・・んもうっ!」
おじじのマゴ「あ、わたし はしったら、もれちゃうよーーー」
おじじ「なぁに!! わしがかついでいってやるわぃ!!」

おじじはマゴをかついだ!

おじじのマゴ「ねえおじじゆらさないでよーーー」
おじじ「わしは武道家じゃい! ゆらさず走る事など簡単じゃい!!」
おじじのマゴ「ごめんねぇおじじぃ」
おじじ「も、もらさないでくれよ、耐えるんーじゃよ!」
おじじのマゴ「う、、、う、ん」
アレル「じゃはやくっ アリアハンいかなっくっちゃ(ハァァ・・)」
おじじ「おお!よし・・走るんじゃーーー!!」

おじじはアリアハンに向かって走り出した!

アレル「あー、お、おじじさんっ は、はやすぎるよーー!!?」

アレルはおじじを追っかけるだけで精一杯!!

おじじ「そりゃあ~~ もうちょっとじゃぁぁあーー!!」
アレル「ちょ、ちょっとお、は、はやすぎ・・・・ほんとに・・あー、、ハァハァ・・・ハァァ つ、つかれる・・ ハァハァ!!!」

謎の男(ふっ・・そろそろ俺の見せ場だぜ・・・)
謎の男「??」
謎の男「ん? ・・お、おい・・・、あいつらどこいったんだよ・・・」
謎の男「んあーー おれだけかよ!?」
謎の男「ん?! お・・・・いた・・・・・って、・・なにやってんだよあいつら・・・・??なんであんなとこにいるんだよ」
謎の男「ぁ、ぉれも・・行くか。・・・ふん・・ふっ・・」

謎の男もおじじ達のあとを追っかけた!!おぉ謎の男・・意外にも走るのが速い!

謎の男「ふっ おれは体だけは鍛えたぜ ふふっ (僧侶だがな・・ふっ・・)」

やっとこさ、4人はアリアハンに・・・・戻っちゃいました(笑)

おじじ「ふぅぅつかれたわぃ ほれ! いってきなされ!」
マゴ「うんっ!!」
アレル「・・・間に合ったわねえ・・ハァハァ 疲れたァ・・・」

アレル「それにしても、おじじさんって、・・・はやいよねーー ハァ・・」
おじじ「ふぉーーーふぉっ!! さすがにつかれたわぃ♪ ふぅ」

マゴ「おわったよー」
アレル「もういい?」
マゴ「うん」
おじじ「じゃ、行くかの!」

アレル「ちょっとまってよ。」
マゴ「あれ、あのひとは??」
おじじ「ふむ? おや、いないのう・・わすれてたわぃ・・」

謎の男「・・・・おい!! おれを忘れてないか?!!」
おじじ「す、、すまんかったわぃ・・」

謎の男「まったく・・これだからよ、子供ってのは・・・」
おじじ「わ、わしも子どもあつかいかのぅ・・」

アレル「ご、ごめんなさーい」
謎の男「ふっ・・」

アレル「あ・・」
アレル「わたしたちってさぁ、なんの準備もしないでいきなり旅しようとしてるよね。」
おじじ「そうじゃったのお! うっかりしておったわぃ」
マゴ「・・・お弁当買ってこうよ」
おじじ「そうじゃの!」
アレル「うん。じゃ4人分。みんななにがいい?」

おじじ「わしは なにがいいかのう」
マゴ「わたし、からあげ!!」
おじじ「じゃの、わしはうどんじゃ・・うどんはだめじゃのぅ・・」
アレル「わたしはー・・・サラダとかヨーグルトとか・・・サンドウィッチとか・・♪」

おじじ「お茶はわすれんでくれよ、アレルどの!」
アレル「はーい お茶・・ね。わたしは・・・オレンジジュースかな・・♪」

マゴ「あ、わたしもサンドウィッチがいい!」
アレル「サンドウィッチね!」

おじじ「うどんはだめじゃのぅ・・・困ったのう・・」
おじじ「・・・・わしもサンドうぃっちじゃ!」

アレル「・・・みんな私と同じ~~?? まいいわ・・じゃあ、買ってくるね!」

謎の男「おいおい・・・・俺は何なんだよ?」
アレル「あ、ごめん^_^;;」
アレル「謎の男さんはなににしますか?」
謎の男「んぁ・・おれは・・・おむすびでいいわ・・・5個・・・たのむぜ。」
アレル「・・お茶は?」
謎の男「いあ、おれは、・・・・。ソーダ水・・・でいい・・」
アレル「ソーダ水・・」

アレル「へぇ、謎の男さんって、以外と子供っぽい飲み物がお好きなんだー」
謎の男「うるせぇ・・・・はやいとこ買って、さっさと行くぜ・・」
アレル「はーい おわかりしました♪」

謎の男(・・・おれがソーダ水のんで悪いかよ・・・ふん・・)

16分後

アレル「おーまたっせっっ!!」

おじじ「ふむ、おお! うまそうじゃのう♪」
アレル「あそこの、サンドウィッチ専門店で買ってきたんだ~」
マゴ「はやく食べたいね!」
謎の男「ぉい!! はやく いこーぜ・・」
おじじ「おまえさんわのぅ・・」

謎の男「おい・・ちょっとまてよ・・」

謎の男「・・おれはおむすびだっていったぜ」
アレル「・・・えっと、ごめんなさーい♪」
謎の男「・・おいぉぃ・・ふっ・・まぁぃぃ・・」
おじじ「ふぉっふぉ!」

アレル「じゃ、今度こそ、私たちの楽しい旅が始まるよ~~」
マゴ「うんっ!!!」
謎の男「・・・」

おじじ「ほれ、おまえさんも、一緒にっ!!」
謎の男「ふん・・やってられっか・・・」

アレル&マゴ「しゅっぱぁ~つ!!」

やっとこさ、旅がはじまりそう

アレル「で、なにすればいいんだろ」

謎の男「おれにまかせな。」

謎の男「・・アリアハンのことならなんでも知ってるぜ。」
アレル「へぇー」

おじじ「じゃ、おまえさんにまかせるかの」

続きを読む

▲ ページ TOP へ戻る