:: DQ3 オリジナルストーリー 第 2 章 - 運命の出会い

とつぜんスライムが飛び出してきた!

スライム「ぴきーーっ」

アレル「きゃーっ なにーーーっっ」
おじじ「アレルどの! ほれっ これはアリアハン図書館で見つけた魔物図鑑じゃ、しらべるのじゃ!」
アレル「んっと、このこは、スライム。ぷりぷりなキュートな生き物♪」
おじじ「ふむ、まあそうじゃの。」

謎の男「おれにまかせなっ」

謎の男「ぶったぎるっっ!!」

謎の男は剣を構えた!

スライム「ぴーっやっやめてー ころさないでー!!」

おじじ「な、なぬぅ?モンスターがしゃべりよった!?」
マゴ「なんかかわいいねー」
アレル「このスライムっていったいなんなのよ・・・」

スライム「ぼく、スラりん。マオウさまにしゃべれるようにしてくれたの」
おじじ「なぬ?まおうがじゃと? ますますわからんわぃ・・・」

アレル「あのさー、スラりんくん、どうしたの?」

スラりん「・・・マオウさまから、みんなに言ってっていってたよ。」
アレル「なにを? ねえ、よかったら、いろいろお話してくれない?」
スラりん「うーん!マオウさまは、もっと人と仲良しになりたいって。」

おじじ「な・・・なんとっっ! まおうが・・」
マゴ「なんのことー」

スラりん「でね、世界中の仲間たちを集めろっていってたよ、マオウさま。」

おじじ「つつぬかぬことを聞くじゃ。」

おじじ「スラりんどの、魔王のことをいろいろ聞かされよ」
スラりん「マオウさまはね、やさしいかただよー」

おじじ「ふーむ・・・なんかあやしわィ・・」

アレル「うーん、わたしはスラりんくんのこと、信じるよー」
アレル「スラりんくんみてるとさ、かわいいもん♪ うそついているようにみえないもん」
マゴ「そそ!」
アレル「ねえ、スラりんくん、わたしたちと一緒に冒険しない?」
アレル「ついてくるだけならいいとおもうよ。5人になっちゃうけど・・・」
おじじ「し、しかし・・5人とわ・・・4人がルールじゃよ・・・」
アレル「そんなルールいらなーい」
マゴ「そそ♪ 5人だよ! おじじ!」
おじじ「ぬうぅ・・しかたないのう。」

スラりんは仲間に加わった!

アレル&マゴ「よかったね!スラりん♪ これからわたしたちと一緒だよ♪」
スラりん「ピー!ピキー♪」

謎の男「お、おい・・・もー いいだろ・・・ いこーぜ・・」

スラりんはアレルのあたまの上にとびのった!

マゴ「あーおねーちゃんずるーい・・わたしにも~~」
アレル「あ、だって、マゴはとんがりぼうし かぶってるじゃない むりよー」
マゴ「ちがうよーだかせてよー」
アレル「はァーい」
スラりん「ピッピキー」
マゴ「うわーぷにぷにしてて、なんかすきとおってて、かわいいよー♪ わーい♪」
アレル「あは♪ ねえ、マゴ、スラりんのこと、よろしくね!」
マゴ「うん!!スラりんよろしくね♪」
スラりん「ピキピキー♪♪」

謎の男「お、おい、、おれの話きいてくれよー・・たのむから・・」
おじじ「す、すまぬ・・では、聞かせてくだされ!」

謎の男「・・・あのな、このアリアハンには まおうはいないぜ。」
おじじ「しっとるわい」
アレル「そうよねえ いたらもうとっくに、アリアハンはぼろぼろだもん」

マゴ「スラり~ん♪」
スラりん「ぴき~♪」
マゴ「ぷにっっ」
スラりん「ぴっき~」
マゴ「スラりん、まだひとのことばむつかしいの?」
スラりん「ピキーッ ボク まだ ことば すくないのピ~~」
マゴ「スラり~ん♪ かあいー♪」

アレル「あーれ~マゴったらスラりん すっかり好きになっちゃったみたい♪」
おじじ「だ、だいじょーぶかのお かわいいとはいえ、元はモンスターじゃしのう・・」

おじじ「で、なんじゃ、それだけかい?」
謎の男「いあ、・・・ん、・・・アリアハンにまおうはいない。だからアリアハンを出るんだ・・・まずは。」
おじじ「ふむ、で、どうやってじゃ?」

謎の男「ふっっ おれはもう出るところまで行けるぜ!」
アレル「えっ!?」
おじじ「ほぅ! とで、どーやってじゃ?」
謎の男「ふふ♪ ぃあ いろいろと、やってきてな(ひとりでだが・・ふふ。)」

謎の男「いろいろ・・ま・・あれで、違う大陸にワープする、「旅人の扉」っていうのをみつけたんだぜ。」

アレル「・・・す、すごーい!! 謎の男さん なんかたよれるー」
謎の男「そ、そうか・・・・ふっ(ちょっとうれしいぜ♪)」

おじじ「では行くのじゃ! そこへ」

マゴ「スラりーん」
スラりん「ぴーーーきぃぃぃッ」
マゴ「えへ、スラりんのあたまのヘンなのひっぱっちゃった♪」

アリアハン大陸の東の洞窟

おじじ「ふむ・・とうとうここまできてしまったのう」
アレル「うん・・こわかったねー、ここ。まだモンスターいなかったのがよかったけど」
マゴ「なんかおもしろくなってきたね♪」
スラりん「ぴ~♪」

謎の男「でな、これは その「旅人の扉」だぜ」

謎の男「・・・・・とびらっても・・・、これ・・どうみても、みずたまりだろ・・」
謎の男「こんなんで、ワープできんのかよ・・うさんくせえぜ」

おじじ「・・・おまえさん、自分で言っといて、まだこれに飛び込んでないのかい?」
謎の男「・・・ふっ・・・・ちょっとな」
おじじ「ふぉー」
おじじ「もしかして、おまえさん、、、」
アレル「飛び込むのがこわいんだー?」
謎の男「・・・ウ・・そ、そうだよ・・・なんだよ・・へんかよっっ??」
アレル「ううん?ぜんぜんへんじゃないよ。あは♪」
謎の男「(おれ、ばかにされてんのか・・??)・・・そうかぁ・・」

謎の男「んで、どーすんだよ、だれか・・はいってみろよ」

おじじ「おまえさんは?」
謎の男「お、おれかよっ!? ・・・う、いぁ、、、、ぐっっ」
アレル&マゴ&おじじ「こわいーんーだぁ~~~♪♪」
謎の男「う、うるせぇぉぉー・・」
おじじ「ふぉっふぉ~~ おまえさん、かわいいの!」
謎の男「・・・・(お、おれが かわいい?!!)」

マゴ「わたし、はいっちゃおっかな♪」
アレル「え?! でも、ちょっとまって、やっぱりこわい・・」

アレル「おじじさん、入ってみて!!」
おじじ「わ、わしが?! いや、わしは・・・わしもはいったことないんじゃーよ・・・」

謎の男「おい、おじじ おまえ、おかしいぜ・・・」
アレル「あ、そーいえば・・」
アレル「おじじさん、Lv99、ってゆうか、昔勇者さまと旅したことあるんでしょ?アリアハン出たんでしょ 外の世界のモンスターと戦ったことあるんでしょ?」
おじじ「ぐっっ・・うむぅ ふぇ・・もごもご~~ ふぅう」

おじじ「・・・入ったことはあるじゃよ・・単にワープのかんかくがいやでの・・・」
アレル「・・おじじさ~ん、いまさらなにいってんのよ!」

アレル「あーもうっ わたしがさきにいってみるよ!おじじさんがここにいるってことは、ワープしても無事なんでしょ?」
おじじ「ふ・・ふむ・・」
アレル「じゃわたしから・・でも なんかこわーーーいっっ」

マゴ「(ごにょごにょ)スラりん! わたしがしっかりだいてあげるからね」
スラりん「ピ~!」
マゴ「おさきに~~っっ」

(どぼんっっ)

アレル「あーーっ いっちゃったよーわ、わたしもっっ それー」

(どぼーんっっ)

謎の男「お、おれも行くぜ・・・かわいいやつらを守ってやらんとな ふっっ」
おじじ「まってくだされよ~~」
謎の男「ふっ・・(・・・こわ・・いぜ・・)」

(どぼんっっ)

おじじ「・・・ひ、ひとりになってしまったわぃ・・な、なんかいやじゃのぅ 26年ぶりじゃ・・」

おじじ「わ、、わしもじゃああーーーー!!」

(どっぼぉ~~ンンッ)

旅の扉ワープ中

マゴ「わあー きれーい・・・」

マゴ「みて、スラりん♪ きれいだよねー」
スラりん「ぴー!!」「ぴー!」

アレル「ねーーーえ・・・」

マゴ「(あ、うしろ?)・・・おねーちゃん!!」

アレル「ねえ、きれいだよね~」

マゴ「うん たのしいねー♪ なんかこれなんかいっつも通ってみたいなー」

アレル「ねーーえ・・これどこにいくんだろーー」

マゴ「わかんなーい まだ 先 みえないよーー」

謎の男「おーい おまえらー」

アレル「あ、謎の男さん! ねえ ここ きれいだよね!」

謎の男「・・・ そうだな  いいんじゃねーか!」

アレル(あ、謎の男さん、少し近くなったような♪)

マゴ「あ、まえになにか見えてきたよーーーっっ!」

アレル「えーーなにー? あーーほんとだー もしかして出口ーー??」

謎の男「うひゃあ こりゃいいぜ~~ おれにピッタリだぜ!」
謎の男(ふっ・・アレルのパンツまるみえだぜ♪)

おじじ「・・・ぉーぃ・・・--わしをーーー」

謎の男「んぁ・・おぉ・・・おじじかよ・・」

おじじ「な、なんでわしだけ こんなに はなれとるんじゃああーーー」

謎の男(おまえが とびこむのが遅いからだろーが・・・・)

おじじ「ぉ~~~ぃ・・・・わーーしーーをーーー・・・・」

どこか遠くの森の中

マゴ「わっ  あ、ここどこ?? 森の中・・だよね・・」

マゴ「スラりんだいじょーぶ?」
スラりん「ぴ~っっ!!」

マゴ「あ!」
アレル「きゃっっ あ・・あれ?! あ! ハァ・・」
マゴ「楽しかったねー」
アレル「うーん(ちょっとだけこわかったけど・・)。だけど、ここどこ・・??」
マゴ「しらなーい」

謎の男「うぉっっ おー びびったぜ・・」
アレル「あ、おかえり~」
謎の男「ここ どこだよっ おれは大陸の外はあんまりしらないぜ。図書館で本で見ただけだしな・・」

アレル「・・・あー 謎の男さん・・本読むの好き?」
謎の男「ぐっ・・・ ふっ・・・ いーだろどーでも・・・」

アレル「あは♪ わたしの中で、謎の男さんのイメージ よくなってるよー♪ うれしい? ね?ね?」
謎の男「や、やめろぉー ~~・・(・・ち・・、ちょっとうれしーぜ・・)」

おじじ「のわぁ!?」

マゴ「あ、おじじ~ 遅かったねー なにしてたの?」

おじじ「い、いやちょっとしたことじゃーよ・・」
謎の男「ふっこいつは おくびょうものだな・・・ふふ」
おじじ「むぅ・・あたってるのう」
アレル&マゴ「えーなに? 私たちにかくしごとぉ~~!!」

おじじ「いいじゃろ・・どーでも・・」
謎の男「ふふ」

おじじ「ふぅ・・で、ここはどこじゃろ・・」

謎の男「おれにまかせな・・アリアハンの図書館で色々情報を得たぜ・・世界地図も持ってるぜ」
おじじ「ほう では またおまえさんにまかせるかのう!」
アレル(このひと、けっこうたよりになりそう・・・それになんかかっこいいってかんじ、してくるよー)

マゴ「スラり~ん!」
スラりん「ピッ、ピィィィ~~!!!」
おじじ「こりゃ! スラりんがかわいそーじゃろ!」
マゴ「だってえ スラりんってぷにぷにだもん。ちょっとつねっちゃった」

マゴ「いたかった~? ごめーん」
スラりん「ピィィ~! ピピ!!」

おじじ「・・おぉ、すっかりなじんでおるようじゃの。どうやらスラりんどのはモンスターではないようじゃのぉ。(ちょっと心配じゃが)」

アレル「あれースラりんくんともうなかよしこよしなんだ~~ いいな~♪」
マゴ「スラりんかわいーよー えへ♪」
アレル「あは♪」

謎の男「ぉーぃ  おれのはなし・・・」
アレル&マゴ「あ、ごめーん」
謎の男「ぃぁ・・じゃ」

謎の男「ここはどうやらロマリア つう城の南の森の中らしい」
おじじ「ほぅ」

謎の男は地図を広げた

謎の男「これみろよ」
アレル&おじじ&マゴ&スラりん「どれどれ?」「ピキー!!」
謎の男「この地図は、いった場所はかってに記される 便利な地図だ」

謎の男「んで、・・・・ここは世界の北半球だな。・・・アリアハンは知ってるだろ、南半球だ。」
おじじ「ふむ・・」
謎の男「アリアハンからかなり飛んだことになる・・・わかったか」

おじじ「・・・おまえさん、アリアハンから出たことないのに、たよりになるのぅ 準備がいいのう」
謎の男「ふっっ おれわ準備万全だぜっっ・・ふふっ」
アレル「ほーんと、たよりになるよねー謎の男さん!」
謎の男「ふふん♪」

マゴ「なんでもいいからさあーはやく ロマリア 行ってみよーよ」
アレル「そうだね。いってみよ。どんなところなんだろ わくわくしちゃうよ♪」
マゴ&スラりん「ねーわたしも!わくわく♪」「ぴぴ~ぃ♪」
おじじ「わしも わくわく♪」
謎の男「・・・・・・」

謎の男(こいつら3人ばかトリオだぜ・・・おれもはいってみるか・・ふふっ・・・ん、いぁ5人か・・・ふっ・・)

4人(5人?)は森を抜けて、30分後 ロマリアの城下町にたどり着いた。

続きを読む

▲ ページ TOP へ戻る