:: DQ3 オリジナルストーリー 第 5 章 - 旅の途中で

ダーマを出発して、しばらく。

おじじ「ほぅ だいぶ暖かくなってきたわぃ」
アレル「えっと、地図。」

アレル「・・・・あれ、あたしたち、南に向かってるよ?」
謎の男「んぁ・・いーんだよ・・ いったん南に行って、また北東へ行くんだよ」

謎の男「・・・・・地図見ろよ・・まったく・・ 山があるだろーがっ・・」
謎の男「おまえ・・ほんとにずのうめいせきかよ・・・」
アレル「あはー♪わかんなーい かわっちゃったかなー♪ セクシーギャルっっ?」
謎の男「うへぇ・・自分でせくしぃぎゃる だとよ・・・へっ・・」

謎の男「お、、あれ・・・ほこらか」
おじじ「ふむ・・やすむかのう」

ほこら

支配人「いらっしゃーい」

アレル「ハァー わたしたちの旅って、もうずいぶん長いよねー」
マゴ「おにーちゃんどーしてるかなあー会いたいよー・・」
おじじ「マゴよ、自分が行きたいといってここまできたんじゃ。おにーちゃんわおにーちゃんで元気じゃーよ・・きっと。」

アレル「謎の男さーん・・わたしのおごり。なににする?」
謎の男「お、おれか・・ おちゃとおむすびでいーわ・・・5個な・・」
おじじ「おお・・わしもおむすびじゃ!」
アレル(わたしはポテトとハンバーガー)
マゴ「わたし、からあげー」
アレル「はーい。」

アレル「えっと、あれとこれとこれ。それに・・・・お願いしまーす」
支配人「はーい ちょっとまっててね!」

マゴ「ねえおねーちゃん・・お水ちょーだい」
アレル「え、水??もうあるじゃない・・」
マゴ「ううん・・スラりんの。」
アレル「・・・え??」

アレル「スラりんって、お水がごはんなの?!」
マゴ「そーだよ。知らなかった??」
謎の男「・・・・ほぉー 水だけかよ・・・ つまんねーなー・・・・」
おじじ「ふぉっふぉ!」

マゴは席をたって、ほこらのあちこちをうろつく

マゴ「あのー支配人さーん・・これって・・ワープの扉でしょ? これどこ行くの?」

おじじ「なんじゃなんじゃ! ほーうぅ ここにも旅人の扉があるんかぃ」
支配人「3つありますよー♪」

マゴ「みっつ~ おもしろそーー♪」
アレル「どしたの??」
謎の男(アレルのパンツ・・・くっ まったく 思い出しちまうぜ・・・・っっ)

支配人「はーいどーぞ!おまたせっ」

アレル「あはーい」
おじじ「おぅまってたぞい」
マゴ「わーいからあげ!」
謎の男「おう・・」
マゴ「はい、お水だよースラりん!」
スラりん「ぴ~!」

5人は食べた!

おじじ「ふぅ・・うまかったワィ!じゃいくかの!」
マゴ「そだね。スラりんお水もーいい?」
スラりん「ぴ~!」
アレル「じゃ、いこっか!」
謎の男「・・・ふ。」

支配人「またきてくださいねーっ」

ほこらを出る。

ちょっと歩くと、海岸

マゴ「わーー 海だー♪」
アレル「ねー わたし 海で泳ぎたーいっ」
マゴ「わたしもーっ」
おじじ「ほーう 楽しそうじゃのおーっっ わしも海じゃ!!」

謎の男「おいぉぃ・・くっ・・・アレルの水着姿かよ・・・っっ」

謎の男「お・・おれ・・ アレル好きなのかぁあ~~っっ?!」
謎の男「アレルがあたまんなかからはなれねーよ・・・っっ っ」

マゴ&アレル「きゃーきゃっきゃっ♪♪」
おじじ「ふぉ~~~っっ♪ きもちいーわぃぃぃっ♪♪」

謎の男「へっ おれわ海はキライだぜー・・・・・つまんねぇ・・・」
謎の男「・・・・」
謎の男「・・砂で川でも作るか・・・」

スラりん「ぴー・・・・」

謎の男「ぉ・・・おまえも海キライか?」
スラりん「ピピー!!」
謎の男「ん・・ぁ・・そーか・・・おまえ、うみにはいれねーんだ。」
謎の男「そーかぁ・・・ぁあ・・・つまんねー・・・」

アレル「あーっ きもちいーーっっ♪ 海だーいすきっ♪」
マゴ「はーー もっと泳げるようにならないとねー」

謎の男「・・・・・ぉ~・・・ 川だぜ。ふふ・・・・っ♪」

謎の男(ぶつぶつ)

スラりん「ぴっぴっ」←はねまくってる

2時間後。アレル達は服に着替えた。

アレル「謎の男さーん・・なにしてるの??」
謎の男「ぃあー・・どーでもいーだろーが・・・」

アレル「(ごにょごにょ)このひと、砂遊びしてるよーっ♪」
マゴ「(ごにょごにょ)こどもだねー」
おじじ「おまえさん・・・も・・海 入ればよかろーに!!」

謎の男「うるへーぉ・・・おれわお・・・」
おじじ「ふぉーふぉっ そーかの♪」

謎の男「(ごにょごにょ)・・・おれも、・・海入ればよかったぜ・・・・入りたかったぜ・・」
謎の男(・・・アレルの水着姿・・・・まじかで見たかったぜ・・・・ふっ・・)

マゴ「スラりーん おまたせ!」
スラりん「ぴ~っ!!」

そして、さらに海岸沿いに北へ。

マゴ「わあー 上見てよ!  おほしさま、きれーだよねー・・」
アレル「うん・・」
おじじ「そーじゃのー・・」
謎の男(ぶつぶつ)

マゴ「このおほしさまって、さー・・ひと 住んでるの?」
アレル「わかんない・・」
おじじ「ふぉふぉ。あれわのぅ。ほとんどは石ころじゃよ」

マゴ「いし・・??」
アレル「あのねえ・・」
謎の男「おい・・・じーさん、いーかげんなことおしえんなよ・・・・賢者になれなくなっちまうぜ。」
おじじ「あ・・・ふぃもご・・」

謎の男(ぶつぶつ)

アレル「あー・・謎の男さーん」
謎の男「んぁ・・・んだよ・・・」
アレル「謎の男さんはいろんな本読んでたみたいだから。」
謎の男「あぁ??」
アレル「星のこと、詳しそう・・」

謎の男「ん・・・そーだな・・・・・」

謎の男「あ、聞きたいか・・?」
アレル&マゴ「うん」
おじじ「わしも聞きたいのぅ」
スラりん「ぴ~っ」

謎の男「そうだな・・」

しばらくのあいだ、謎の男は宇宙のロマンを 延々と語る。

そして、2時間後。

アレル「ねえ。上もいいけどさあ・・」

アレル「あれ見てよ・・・・よーくみて。」

マゴ「・・・・うーん・・なにもないよー??」
おじじ「だめじゃ・・わしゃ目が悪いわぃ・・」

アレル「なんか、海の向こうで、光ってるよー・・ほらあれ!」
マゴ「うーん・・・・。よくみえなーい」
おじじ「だめじゃー目が疲れるわぃ・・」

謎の男(・・・ふ・・)

謎の男「ぉい・・じーさん・・・これ使えよ・・・」
おじじ「おお・・・ふぉーーっっ♪ よく見えるワィ♪」
おじじ「おまえさん、、準備がいいとゆーより・・まるで どらえもんじゃのお」
謎の男「んぁ~・・・なんだよその「どらえもん」ってよぉ・・・・」
おじじ「いや。どらえもんとゆうのわのぅ。本で見たんじゃーよ」
謎の男「・・・・・うそつけ・・・・」
おじじ「・・・むぅ」

謎の男「で、あれわな・・・」

マゴ「あ、みえる・・・なにあれ??」

謎の男「ぉーーーぃ・・・」

アレル「あ、はいどーぞっ」

謎の男「・・・ん。」
謎の男「あれわ。 本によると、「じぱんぐ」っつーところらしいぜ。」
おじじ「ほおーじぱんぐかの」
アレル「じぱんぐ??」
マゴ&スラりん「なになに~」「ぴ~」

謎の男「でな・・あれは。・・・・おれらとは違う世界らしーぜ・・・。」
アレル&おじじ「ふーん・・」「ほぅ」

謎の男「あそこには。空に届くめちゃくちゃたかい家とか、たくさんあるらしーぜ・・・」
アレル&おじじ「へーえ・・」「ほうほぅ」
謎の男「でな・・・謎の馬車とか、箱の中にいろいろ入ってるとか 奇妙などーぐがたくさんあってな・・・・・」
アレル&おじじ「うん・・」「ふぉおー」
謎の男「そこに住んでるやつは、みんな寝ないらしいぜ・・・」
アレル&おじじ「寝ないんだーなんでだろ・・」「ほう・・・かわっとるわぃ」
マゴ&スラりん「なんかへんなところだねー」「ぴ~ピピ!」

アレル「へんなの・・」
マゴ「おもしろそーわたし行ってみたいっ」
おじじ「ふぉふぉ!マゴは好奇心でいっぱいじゃの!」

謎の男「・・・・ま、あそこにわ だれも はいれないらしーぜ。」
謎の男「船で近づくと、消えちまうって話だぜ・・・」

アレル「・・・きえるって・・全部・・?!」
謎の男「あぁ・・それには「かわきのつぼ」とかいうのが使われてるらしいぜ。まあこれも本にのってたんだけどな・・」
おじじ「ふおーおまえさん すごいワィ・・・ 知識の量が半端じゃないのうっ!!」
アレル「うん・・」
謎の男「ふふん♪」
マゴ「・・・このひと・・・そーりょだよねー・・ちがう・・?」
おじじ「ふむ・・・道を間違えたんじゃーよきっと。」

謎の男「・・・・・・・」

謎の男「・・・でな、その かわきのつぼってのは、エジンベアっつー国が作ってるらしいぜ。」
おじじ「ほお!エジンベア・・・わしも聞いたことあるワィ・・」
謎の男「あぁ。世界のさいはてだな。」

アレル「ふーん・・・・わたし、船 ほしいなあー・・」

マゴ「おねーちゃん、このひと、お金持ちだよ」
おじじ「ふむ。こいつ、船くらい買えるじゃろ」
アレル「へえー」

アレル「・・・・ねえ♪ 謎の男さーんっ 船 買って♪♪」

謎の男「んぁぁーー なんだよっ 船なんか 買えねーよ・・・・っ」

おじじ「おまえさん・・・けちじゃのお」

謎の男「おぃ!! なんだよ・・!? おまえら・・・」
謎の男「おれわな、有り金ぜーんぶ 馬車と食料と水に使っちまったんだぜ・・!?」
謎の男「感謝しろよ・・・・すこしわよー・・・・」

アレル「あ、そっか・・・ごめん・・」
謎の男「いぁ・・別にいいぜ・・・」

マゴ&おじじ&スラりん「なーんだ・・お金持ちじゃないんだ」「ふむぅ早とちりじゃったワィ・・」「ピピぴ~ぃ」

謎の男「・・・・おれわ・・・・もう ねるぜ・・・・」

アレル「うん・・わたしも。」

おじじ&マゴ「一緒に寝るかの」「うん」

アレル「・・・スラりん・・ねえおいでよ」
スラりん「ぴ~♪」

5人は砂浜で寝た。

そして、朝。

アレル「ふぁぁぁ~♪ 砂浜で寝るのも いいよねーっ」
謎の男「ああ。いいな・・・」

マゴ「おじじぃ~・・」
おじじ「マゴよ~・・」

謎の男「ぉいぉい・・こいつら・・・抱き合ってなにやってんだよ・・・」
アレル「あは♪ おじじさんもマゴもかわいいね♪」

スラりん「ピピピピぴ~!?」
アレル「スラりん、やきもちぃ~~? あは♪」
スラりん「ぴぃぃっ!!」

おじじ「むう・・・のわぁぁぁーーー?! なんじゃーーーああ?!」
アレル「あはは♪ スラりん怒ってる♪」
おじじ「ぐぅぅ だ・・だれじゃぃっっ ん・・す、スラりんどのおおーー・・・」
スラりん「ピイっっ!!」
マゴ「あー・・なに??」
アレル「おじじぃ、気を付けないと、スラりんに嫌われちゃうよーっ」
おじじ「なんじゃなんじゃぃワケ解らんワィ 勝手に起こしおって・・ねむいわぃっっ」
マゴ「あーースラりーん きのうごめーん いっしょにねれなかったねー・・・」
スラりん「ぴ~っ♪」

アレル「さあ、いきましょ。」

マゴ「スラりーん いくよー」
スラりん「ぴ~♪」

謎の男「おいっっじーさん おきろっ」
おじじ「い、いたいワィっ なにするんじゃっっ」
謎の男「ぉいもー出発だぜ・・・ おいてっちまうぞ・・・」
おじじ「あわわ・・・・。ま、、まってくだされっ いま行くじゃ!」

アレル「じゃあー しゅっぱーつ!」
マゴ&スラりん「うーん まだねむい・・なんか」「ぴ??」
謎の男「ふふ。昨日はいーゆめ みたぜ。」
おじじ「ふわぁ~ぃぃ わし、眠いワィ・・」

さらに北へ

アレル「なんか寒くなってきたよねー」
謎の男「地図見ろよ・・・いいかげん・・・」
アレル「あ、はーいっ」

さらに北・・

アレル「ねえ、これ・・・・「雪」ってゆーんだ。」
謎の男「そーだな。おれも図書館でしかしらねーが。」
アレル「アリアハン・・雪ないよねー」
マゴ「うん」
おじじ「ふぉふぉ! わしは 雪どころか 氷しかないところにも行ったことあるわぃ♪」
謎の男「んなもん自慢になるか・・」
おじじ「むぐっ ふぅうえ・・・ひどいのおおーー」

雪が降り始めた。

アレル「あ、あたし、さむーい・・・・」
謎の男「そりゃそーだぜ・・・おれら、まだ薄着だぜ。」
マゴ「そーいえば。わたしも」
マゴ「スラりん、だいじょーぶ??」
スラりん「ぴっピィ~・・」
おじじ「わしはへーきじゃい!!」
謎の男「おまえわだまってろ・・・」
おじじ「ぐふ・・」

マゴ「お、おじじっ さむいっ」
おじじ「ふぉふぉそーかそーか わしの背中はあったかぃぞぃ♪ おぶってやるかの!」
マゴ「あーあったかーいい♪おじじぃ~」
おじじ「ふぉふぉ♪」
マゴ「スラりん、おいで!」
スラりん「ぴ、ぴ~!」

アレル「あ、いいなー  ・・わたしも寒い・・」

謎の男(・・・・)
謎の男「そりゃそーだな。アレル、おまえ、それぬのきれどーぜんだろ・・・・」
アレル「うんっ こ、これ いちおー勇者のコスチュームだから・・・」
謎の男(・・・・・、・・・・)

謎の男「お・・おれが・・・・。」
アレル「なに?」
謎の男「い、いぁ・・・・あ、、おれがおぶってやるよ。」
アレル「えーーーーっ??! 謎の男さん・・」

謎の男「ぃいあ・・ん・・したごころはねーぜ・・・・ほ・・ほんとだぜ・・」
アレル「へーえ・・」

アレル「じゃ、お願いっ寒いもん・・」
謎の男「お・・・おうっ」

謎の男はあれるをかついだっ!

謎の男(うひょーーーおれがアレルをおぶってるぜ・・・うう幸せだぜぇ・・)」

アレル「・・・・」
謎の男「ぉい・・ほら、これを背中に掛けろよ、こーすればあったまるだろ・・」
アレル「あーありがと あーあったかーい♪」

アレル「・・・ちょっとぉ」
謎の男「な・・・なんだよっ」
アレル「・・・あったかい」
謎の男「ん・・・そ、そうか・・・(ふ・・・びびったぜ・・ん・・ぉぉい・・・む・・むねかよ?? う・・こ、これわ・・・うおおーー)」

謎の男(ぐ・・・アレルって 重いぜ・・・)
アレル「なに?」
謎の男「いぁ・・なんでもな・・い・・(こ、こいつおれの考えてることわかるのかよ・・?!ふ・・っ)」

アレル「・・・・ねえ」

謎の男「・・・んぁ・・・んだよ。」
アレル「・・・わたしは 重いですか?」
謎の男「・・いあ。・・・」
アレル「・・・ほんとのこと言えばいいんだよ。謎の男さん」
謎の男「・・重い」
アレル「・・・あは♪」

おじじ「おわあああーーーー」
マゴ「きゃーーー」
スラりん「ピピぴ~ーっ?!」
アレル「な、なに??」

おじじ「すべってこけたワィ・・」
マゴ「い、いたいよーおじじぃ 年取ったんじゃない?!」
おじじ「そ、そんなことないわい!」
スラりん「ぴ~ぃっ」

アレル「あははっ♪」
謎の男「ふっ♪」

あーだこーだありつつさらに北へ進む。

続きを読む

▲ ページ TOP へ戻る