:: DQ3 オリジナルストーリー 第 8 章 - 魔王の城

バラモス城 入り口前

アレル「あーいよいよ」
おじじ「ふむ。そーじゃの・・ さ、みな、気を引き締めるんじゃーよ」
謎の男「ふぅ・・・・。あー めんどくせー」

マゴ「スラりーん・・」
スラりん「ピ?」
マゴ「まおうって、悪い人じゃないよね~」
スラりん「ピピ!」

アレル「ねぇ・・・スラりん・・。まおうに会ってないってうそでしょ・・?」
スラりん「ピー マオウさま、ぼくの ともだち ぴ~っ」
アレル「うーん・・・。スラりんの言ってること、合ってないところがあるけど・・。」
マゴ「うーん、スラりん まだ人の言葉 むつかしんだよ~」
スラりん「ピピ?」

謎の男「おい・・スラりん、まおうって でかいのか?」
スラりん「ぴ~! ぼくより おおきい ぴ~」
謎の男「ぁぁそりゃそーだろ・・。おめーちいせーよ・・・・・」
スラりん「ぴぴー マオウさん みんなより おおきい ぴ~!」
おじじ「ほぅっ! わしより大きいのかぃ?ふむぅ」

マゴ「ねースラりん、まおうって強いのー?」
スラりん「ぴー!! 強くて やさしい ぴ!!」
スラりん「マオウさま くちから火 ふくぴー 呪文強い ピピぴ~!!」
おじじ「ふむぅ・・ますますまおうとやらが わからんくなってきたワィ・・・」

アレル「あのさ、パパも・・・今、どこにいるんだろ・・」
アレル「パパはもうとっくに ばらもす 名前知ってるんだから、今頃帰ってもいいはずなのに・・」
アレル「あーもうっ パパまで遊んでるわけぇっっ?!」

アレル「あーもうなによっ わたしだけ・・」
謎の男「おれだって、おまえに振り回されっぱなしだぜ・・・・」
アレル「なんですって?!(ぎろっ)」
謎の男「ぐっっ (こ、こえぇ~ぜ・・・・っっ)」
おじじ&謎の男「(ごにょごにょ)こわいのぉ・・・」「あぁ・・・・・」

マゴ「スラりん、ここのこと覚えてるー?」
スラりん「ぴ? ぼく 物覚え 悪いのぴ~!」
マゴ「ふーんじゃあもーわすれちゃったんだー」
スラりん「マオウさまとみんな 忘れないぴ~!」
アレル「あは♪かわいいねー」
マゴ「すらり~んっ♪」
謎の男(・・・覚えが悪い・・・そーか・・もう忘れちまったんだな・・・ふっ。)
おじじ「ふぉふぉっ♪ さぁーーーいくんじゃいぃっっ!!」
謎の男「ぅおびびったぜー、じーさん・・・はりきってんなー・・・」

謎の男「・・ま、おれも ・・てきとーにがんばるぜ・・・・(って、まおう倒すんじゃーなかったっけなぁ・・・・)」

バラモス城内

おじじ「・・・入ったんはいいんじゃが」
アレル「うん・・だけど・・これ・・」
謎の男「・・ああ・・あのおばばの占い・・暗闇で魔物と会う・・・あれは、ここじゃねーよーだな・・・」

アレル「じゃさ、みんなでいっしょに城の中回ってみましょう。」
おじじ「ふむそーじゃな。」
謎の男「ふっっ(あーめんどくせぇーー)」
マゴ&スラりん「だいじょーぶだよースラりん!」「ぴ、ぴ~!」

5人は延々と2時間迷い続けた。

アレル「んもおーっ きーーーーーっっ!!! なんで!! こんなぐちゃぐちゃな迷宮にするわけぇ~~っっ!??」
マゴ「おねーちゃん、といれ・・・」
アレル「あーまたといれぇ~?! もう、おじじさーんっこっち!!」
おじじ「ん?なんじゃぃ・・ ん・・といれじゃとぉお こっちじゃったわぃっっ・・」
マゴ「あーまってよーおじじーっ!!」

アレル「ふー・・(?? 魔物の城・・に。トイレ??) モンスターもトイレ行くのお?!」
謎の男「ぁあー・・、おまえだってトイレ行くだろ・・・」
アレル(ぎろおっ)

アレルは謎の男を平手でぶった!

謎の男「ぅわぁーーいてぇーーー  ぅぅう ぃで」

アレル「バカあっっ 女の子とトイレっっ 男わねぇすぐ結び付けるんだからっっ!!!」
アレル「もおーぅへんたーいっ・・・いやっっ!!!」
謎の男「・・・・おれが へんたい だとぉ・・・・ぅぅ~ アレル・・・ごかい・・だぜ・・ぐふ・・・」

マゴ「はー、おまたせー」
おじじ「ふぅ別になにもじゃーよ。モンスターおらんかったわぃ」
マゴ「でね、モンスターのトイレおもしろかったよー、いろいろあったよー♪」
おじじ「ふぉふぉ♪」
アレル「といれなんかいーでしょ!! はやく ばらもす 会うんでしょーがっっ」
おじじ「こ、こわいわぃ・・・」

おじじ「(ごにょごにょ)ぉぃおまえさん・・わしたちがいない間に何があったんじゃっ?!」

謎の男「・・・・お、おれわ・・アレルがトイレっていったらよー・・・・・・みろよこれ・・・・ぃで」
おじじ「ふおー・・ほっぺのところに 手のあとがのこっとるわぃっ♪」
おじじ「ふぉーっふぉっ♪ おまえさん!アレルのことまだよくしらないよーじゃのお♪」
謎の男「・・・けっっ おもしろくねぇーーよ・・・」

いろいろ回って4時間

マゴ「スラりーん」
スラりん「ぴ?」
マゴ「ばらもすどこー?おしえてよー」
スラりん「ピピー わすれたのぴ~・・」
マゴ「うー・・おじじぃわたし もうつかれたあー・・・」
おじじ「むぅ・・わしももう なんかめんどくさいわぃ・・」
アレル「ハァー 不気味な城内ってわりにモンスターがいない・・・って、よけいきみわるいよー・・・」

謎の男「おれ、力試しに 1回くらい まおうと戦ってみてぇーー・・・」
マゴ&スラりん「・・・」「ぴぃぃ!!!」
謎の男「ぐっ  ぃあ ・・・・。ふぅ・・」

で、さらに1時間後

アレル「どこいってもここに戻っちゃう・・」
おじじ「なんでこんな城つくったんじゃぃ・・まおうわのぉ・・いらいらするわい!」
謎の男「ぉぁ、、そんなもん・・敵。つまりおれらを拡散するためだろーが・・・わかんねーのかよ・・」
おじじ「そりゃそーじゃが・・しかし、モンスターなんぞおらんぞい・・」
謎の男「・・・ふっ(おれにももーわかんねーぜー・・・・ふぅ)」

マゴ「ねーおねーちゃん」
アレル「なに?」
マゴ「ねー、もーいっかい外でてみよーよ」
アレル「うーん・・・そーよね」
アレル「ほーらっっ 謎の男さーんっ おじじさんっ こっちこっち!!」
謎の男&おじじ「 ぉぉ 今行くぜ・・・」「ふぃぃ・・・いま行くじゃっ」

外。

マゴ「あ、ほら、これ ドア。」
アレル「さっきはいったとこじゃない・・」

マゴ「でさー右のおくに・・なんか道あるよ」
アレル「あーそーいえば。」
謎の男「んぁ・・・あぁじゃ そっち いこーぜ・・・・」
おじじ&スラりん「そーじゃなっ」「ぴ~♪」

マゴ&スラりん「こっちこっちーー はやくーー」「ぴぴ~っ!!」
おじじ「まってくれじゃー」
アレル「ハァハァ・・」
謎の男「・・・・アレルが・・・・・まだいてぇ・・・・(あれる~・・・)」

謎の隠しドアを発見

マゴ&スラりん「ほらみてよードアあったよ♪」「ぴ~♪」
謎の男「ん? ぉー・・こんなとこに・・・・ドアが ほおおーー・・・」
おじじ「む・・もしや・・罠では!?」

アレル「ねえ、は・・入ってみようよっ ちょっとこわいけどね♪」
謎の男「ぁあ・・おれもなんかわくわくするぜ・・ふふん♪」
おじじ「この先に まおうがおるんじゃなっっ!?」
謎の男(・・・・・こんなところに、まおうがいるかよ・・・・)
マゴ&スラりん「スラりーん」「ぴーっ」

隠しドアを開けると・・・

アレル「あー王室。」

アレル「あでも、王座に誰かいるよ・・・」
マゴ&スラりん「おじじぃ な、なんかこわい・・」「ぴぴっ?!」
謎の男「・・・・ぉ・・骨じゃねーか?」
アレル「ほ、、、ほねーーーっっ こ、、こわーいいっっ」
おじじ「わしゃへーきじゃーよ 骨なんぞもーじきのわしじゃーよ。 ふぉふぉっ♪」

アレル「・・・おじじさんって、何でも前向きにしちゃうんだねー」
おじじ「ふおーふぉっふぉ♪ うらやましーかいぃっっ♪」
アレル「べつに・・」
おじじ「ふにゃ・・・・ごほ・・まーいいわぃ ・・・わしにまかせろぃ!」

おじじ「じゃ、わしがみてくるわぃ・・」
4人(どきどき はらはら)

おじじ「・・・・ ふぉーーーーっ♪♪ これわのー!」
アレル「・・な、なにっ?! ばらもすのほねぇっっ?!」
謎の男「お、おぃ・・じーさんっっ?だいじょーぶかよっ!?」
スラりん「ぴぃー?!」

おじじ「つくりものじゃーよ・・ふぉふぉ!」
アレル「はぁーー な、なんでこんな王室につくりものの骨が座ってるわけ~~?!」
謎の男「ぉぃぉぃ・・まおうってなにやってんだよ・・・おれたちであそんでんのかよぉ・・・」
おじじ「わしに聞いてもしらんわぃ ふぉふぉ!」
マゴ「なんかまおうってひともおもしろそーだよねー♪ スラり~ん♪」
スラりん「ぴー♪♪」

で、王室を西側に出た、廊下。

おじじ&マゴ「まごよぉ~~」「おじじぃ~~」
スラりん「ぴ?」

謎の男「ぉい・・この二人、・・さっきから・・・あれだぜ・・・・ずーっとよぉ・・・(なんかおかしくなったんじゃねーのか・・?)」

アレル「あーー いいなー・・・(じぃぃ~~)」
謎の男「・・・・・・?」
アレル「・・・ハァ・・」

おじじ「じゃ、わしたちは向こうを調べるわぃ! マゴとスラりんと一緒にな♪」
マゴ&スラりん「おねーちゃんたちもがんばってねー♪」「ピピーッ♪」

おじじ、マゴ、スラりんの3人は、別の場所の探索に向かう。

二人っきり。

謎の男&アレル「じゃ・・・・おれら、あっちいこうぜ・・・」「うん・・」

こっちは行き止まり。

アレル「・・・・もおーっ!!」
謎の男「(こ、こわぃ・・) ・・・・あ、ぉい 戻ろーぜ・・・・」

謎の男「・・・・」
謎の男「・・・ぉい、、アレル・・どーしたんだよ?・・さっきから目がぼーとしてるぜ?」
アレル「え、あ・・・おじじとマゴいいなーって・・・」
謎の男「・・・そーかよ・・・・・」

アレル「(じぃぃぃ~~~・・)・・・・」
謎の男「・・こ、こんどわな、なんだよっ?!お、おれかよ?(顔に出てたか?!)」
アレル「・・・んー・・・」
アレル「んー♪ えーーっとぉ・・謎の男さーん!」
謎の男「な、・・なんだよっ・・?!」
アレル「今まで色々助けてくれたし、これからも色々助けて欲しいから、ねぇ~~っっ」
謎の男「・・・なんだよ・・・・」

アレル「わたしに抱いて欲しいですかぁ~~♪」
謎の男「ぐわっっ・・なぁにぃぃっっ!?」
アレル「ねーぇ、どーするっっ♪」
謎の男「・・・・う、ぃあ、・・・ぁあ、して・・・ほ・・・ほしい・・・・」
アレル「あは~♪ 謎の男さーん! そーれっっ」

アレルは謎の男に抱きついた!!!

謎の男「うっ ううっっ うぅわぁあーーー!!」
アレル「なっ どしたの!!?」
謎の男「ぃあーー ・・・うっ ぐぅぅ・・・」
アレル「なぁーに♪」
謎の男「アレルの間近に見る顔、が、、あぁっっぐっ・・」
アレル「あー♪ あはは♪ ねーねーあたし、かわいいでしょーっっ?」
謎の男「ぉう・・かわいい・・・ ぐっっ ふぅー・・」

アレル「(ぎゅぅぅうぅーーっっ)もぉーっとぉぉおぉ~~っっっ 」
謎の男「!!いでぇー・・ おまえ・・・力あるぜーーぇー・・・・」
アレル「いーでしょ、もう!」
アレル「ねぇーどーお 謎の男さん♪」
謎の男(あれるの体が お、おれに・・密着してるっっ・・・・フゥっ・・)

アレル「ふーーーーーーーぅぅっっ」
謎の男「ひぃ!? あれるの息吹かよ こ、これわ・・・・・・  ・・・ぐぅっっ」
アレル「ほらほらあーっっ」
謎の男「ヒィ・・・・。こんどはなんだぜぇーーっっ!?」

アレル「ねえ、あたしのからだ、あったかい?やわらかーい??」
謎の男「やわらかいっ・・・ぐっ・・・む、、むね・・・がっっ」
アレル「むねぇーーっ?」
謎の男「む、、むね ふにふにでスラりんのよーだぜぇ・・」
謎の男「け、、結構おおきいじゃねーのか、、急に、でかくなったんじゃねーかっっ?!」
アレル「あー・・むね・・ばっかりねえーあは♪おーきいひとが好き?♪」
謎の男「あ、、ぃあ・・アレルあったかいぜ・・・」
アレル「うん・・♪」

謎の男「アレルのにおいが・・あ、あまい・・・」
アレル「きゃーーっ♪わたし あまいかおりがするんだーっきゃーーー♪♪」
謎の男「ハァハァ~ひぃぃ~っっ・・・ほ、本はいらねえぜ・・・・っっ」

謎の男は大声で!

謎の男「アレル好きだーーーっっ」

アレル「きゃーーーっっ♪ このひとっ わたし 好きなんだーーっっ♪♪」
アレル「どーしよーーーっっ 男さんに告白されちゃったよーーーっっ」
謎の男「ふぅ・・・いっちまったぜ・・・ついに・・・・ぐぅ」

さらに1時間後(笑)

アレル&謎の男「・・・・・・」

謎の男「・・・なあ・・おれ。」
アレル「うん、なに・・?」

謎の男「オレわな、アレル 好きになったよーだぜ・・・・・・いつからかはしらねーけどよ・・」
アレル「うーん・・・」

謎の男「オレわな。オマエとはじめて会ったとき、ただの小娘だと思ってたぜ。」
アレル「うん・・たしかにとし、10年くらい離れてるもんね・・・」

謎の男「でな・・長い旅の間で、アレルのヘンな女ってかんじがよぉ・・・」
アレル「あーヘンってなに!?」
謎の男「いぁ、、女王とか、あーいろいろあるな・・いちいち説明すのめんどくせー ごめんアレル・・」
アレル「あー女王ねー やっぱりわたし、アレだよねー^_^;;」

謎の男「ん ・・・で・・おまえをおぶってたとき・・・」
アレル「うん・・あ、あのときね 寒かったよねー でも、男さんがあっためてくれたもんね あのとき嬉しかったよ♪」
謎の男「ぃあ・・・ぁあ、そんときだっけ・・・好きって感情出てきたぜ。ぃぁたぶん・・・・・」
アレル「ふーん・・」

謎の男「おまえと長く旅して、おれ、、かわったなあー・・」
アレル「かわったよー・・うん・・・」
アレル「わたしもかわったよね? 旅終わったら、またアリアハンの王立学校 戻らなくっちゃ・・・だっていま休学中だもん。」
謎の男「ほぅ・・・ま、がんばれよ。」

謎の男「で、おれ・・・アレルのやったこととかしてくれたこととかよ、どれもわすれられないぜ・・・」
謎の男「あと、ぱ、パンツとかよぉーー水着姿とかよーっ(どきどき)」

アレル「え パンツ? って、なに??なによそれっっ!?」
謎の男「んぁーぃ、ぃぁ・・」
謎の男「ちょっと 旅人の扉で・・・あれるのうしろだったからよーついぱ、パンツ・・・見ちまってよ・・・ぐっ・・」
アレル「すけべぇ!えっちぃっっ」
謎の男「ぐふぅ・・・ ちっ・・・ま・・・パンツなんかにキョーミねぇよ・・・・」
アレル「へえー・・パンツの中なんでしょー」
謎の男「ぶはぁーーーーっっ?! おまえぇーーすっすげーーこと平気で言えるよなぁ・・・・(心臓ばくばく)」
アレル「あはは~♪ あたしって、ヘンですか~~♪♪」
謎の男「あ、ヘンでもだ・・・そんなアレルが好きだぜ・・・ああ、ほんとうだぜ!」

アレル「う~んでもー。 なんでそこまでわたしが好きなの? 他のひとはー?」
謎の男「んぁ・・ま、アレルには話してもいいかな・・・・」
アレル「う~ん・・聞かせてっ♪」

もう30分経っちゃいました(笑)

謎の男「ぁあ・・・おれむかし、彼女にふられたんだよ。」
アレル「ふーん・・どんなひと?」
謎の男「年上だぜ。23さいのねーちゃん。で、そーりょ・・・5年前だっけ・・・」
アレル「へー・・おなじそーりょ・・・・あは♪」
謎の男「・・・ぉぃ・・・・」
アレル「あ、ごめーん はいどーぞっっ」
アレル「あ、そのひとどんなひとだった・・?」

謎の男「ぉー・・あいつか・・おれより年上のくせしてよーー・・なんでも買って買って言ってきやがってよーーぉ・・・」
アレル「ふーん・・・(なんか怒ってる^_^;;)」
謎の男「しかも もーよーがないっていってきてよーーぉ、・・で、いっぽーてきに切られたぜ・・」
アレル「うーん・・・新しい彼氏できたんじゃない?・・そのひと。」
謎の男「・・・そんなもん しらねーよ・・・・」
アレル「ご、ごめん、、で、なに?」

謎の男「ん・・ぁあ、そーりょのくせにマッチョだとよー・・・おれ まっちょじゃねーよっっ・・・けっ」
アレル「うん、うーん・・たしかに、男さんはそーみえないよね。」
謎の男「だろー へっ」
アレル「なんか男さんかわいそー・・・」

アレル「・・・・」
アレル「・・・ねえ・・、あたしも・・・?」
謎の男「ん?・・・ぁー、、ちがうな。」
アレル「うーん・・?」

謎の男「アレルは、元気いっぱいの女の子・・・まぁ。」
アレル「うんっ・・・」
謎の男「で、ちょっと・・・ぁあ・・・色っぽいな・・・・ぐふっっ」
アレル「うーん?♪」
謎の男「で、ときどきこどものよーに・・・」
アレル「うんーっ♪」
謎の男「ぁーーんで・・・ひ、、 ヒステリック・・こえぇーよ。ときどきだが・・・・ぁあまじで。」
アレル「はあー?!ふーん!・・・あは♪ うん、そーだね♪」

アレル「男さん、わたしのこと、よーくしってるんだねー いっつもじろじろ見てたでしょーっ」
謎の男「ぃあ・・・別に・・」
アレル「あれ~あーそう・・・」

謎の男「なぁ、おれのことちょっとだけおしえよーか・・」

アレル「わたし、特別なのー? うーん・・聞かせて♪」

謎の男「おれわよー。」
アレル「・・・・なになにっっ♪(どきどき)」

謎の男「・・おまえ、おれをたのしんでんじゃーねーか??」
アレル「そんなことなーいっっ ねえーっ はやく教えてっっ♪」
謎の男「ハァ・・・あーどーでもいーわ・・・・」
アレル「ささっっどーぞっ♪」
謎の男「・・・・ん、、ぃあ・・・、で、ん。」
アレル「なあにー?っっ」
謎の男「あぁーー ん・・」

謎の男「おれたち一家、教会に住んでたんだわ。」
アレル「うんうんっっ♪  あ、・・男さんのパパって神父さんなんだー・・・なんかいがーい・・・」
謎の男「まーな・・・おやじ・・神父は大勢の人から尊敬されてたぜ・・・・」
アレル「ふーん・・で、なに?!」
謎の男「んぁー ・・・・で、おれわなんとなくそーりょになってた・・」
アレル「そりゃそーよねぇー あは♪」
謎の男「ぉいぉぃおまえ。おれで遊んでるだろー・・・・?!」
アレル「だってー、なんか聞いてるとおかしいもん♪」
謎の男「んーまーどーでもぃーわー・・ふぅ・・」

謎の男「で、気に入らなくってよー 毎日からだ鍛えまくりだ。」
アレル「うんうんっで、どーなったの??」
謎の男「家出さ。」
アレル「へえー なんかすごーい・・・」

アレル「そのあと、ぜーんぶ ひとりで?!!」
謎の男「ぉお・・・・そーだぜ すごいだろっっ  ふふん♪」
アレル「んーすごいねーー・・・うーん・・・」

アレル「ねぇー(じぃぃぃぃぃ~)」
謎の男「んぁ ん・・んだよ・・・」
アレル「男さん、好きな人ほしいでしょ?いま。」
アレル「わたしがこいびとになってほしいですかーっっ♪」
謎の男「ぉ、ぉぃ・・・?」
アレル「うーん♪」
謎の男「・・・・ぅ・・な、なって・・くれる・・か・・・・(どきどき)」
アレル「きゃーっっ♪んーいいよっ♪♪」
謎の男「ぉお♪」
アレル「あははっ♪ いーよっきにしなくって!」

アレル「あ、あとさ名前、コンプレックスもってるんだっけ」
謎の男「ん・・・ぁー 言ったっけな・・・・・」
アレル「ねーえ、わたしが名前決めよっかー?」
謎の男「ほーぅ おまえが。」
アレル「うーん・・・・。じゃ、ねえ!私に合わせて・・・・アルスっっ!! って・・どお?」
謎の男「アルス・・かぃ・・・・。ふっ♪・・ぉう!」
アレル「じゃ、今から! わたしたちアレルとアルスねっっ♪」

謎の男(・・おれわアルス・・・)
アレル「なぁに?」
謎の男「そーよぶのわ内緒にしてくれよ・・・たのむから」
アレル「えーっっないしょぉ~~・・・うーんっっいいよ♪」

謎の男「なぁー おまえってさーー」
アレル「あ、言わないで わかるよー」
アレル「・・・わたしも男さん好きになっちゃったかなっっ♪」
謎の男「そ、、そーか(・・・まじでそーなってほしーぜぇー・・・・ふぅぅ・・)」

で、もうどれだけ時間が経ったことか (笑)

アレル&謎の男「うーん・・・」

さらに15分後

アレル「わたしたち、ここにすわりっぱなし・・・」
謎の男「んぁ・・いーじゃんべつに・・・つかれてるんだしよーーぉ」
アレル「あ、わたし、男さんの手いつのまにか握ってるっっ」
謎の男「ぐうっ (気づかんかったぜぇ・・・っっ)」

アレル「ねえ、、そばによってもいい・・?」
謎の男「!?」
アレル「・・・・。寝るよ。疲れちゃったから。」

アレルは謎の男にもたれてそのまま眠りにつく。

謎の男「・・・アレル・・ふぅかわいいぜ おれの宝物なのか・・大切な人か・・??」
謎の男「・・・・アレルはまだこどもだぜ・・・」

さらに30分後

おじじ「どこじゃぃ!・・・まったくあのふたりわのぉ!!」
マゴ「あーもーさがすのめんどくさーいーー」
スラりん「ぴぃ・・・」

おじじ「お!いたわぃ!」
おじじ「ふむぅ!! おお! 見るんじゃ♪」
マゴ「なーにさー」
スラりん「ぴー??」

マゴ「あーおねーちゃん!! あのひとといっしょにねてるよーー?!」
おじじ「ふぉふぉ! おねーちゃん とられたよーじゃの!」
マゴ「あー・・ わたしのおねーちゃーん・・」
スラりん「ぴ~!?」
マゴ「スラりーんスラりーーん・・・」
スラりん「ぴぃー??」
おじじ「むぅ。この旅でもついに恋愛がはじまったんじゃーよっ  ふぉふぉ♪」

おじじ「さて、そろそろ起こすかのお ふたりにわ悪いがの!」

おじじ「おーい 二人ともおきなされっ!!」

アレル「・・・あー なに~??」
謎の男「ーーー・・・あー・・ぉ じーさんかよ・・ぉ、ぉれも寝ちまったぜ・・・・」

おじじ「ふぉふぉ。こいびとどーし かぃの♪」
謎の男「あ、いぁ べつに・・・」
アレル「あー・・えっとっ わたし、このひと好きになっちゃったみたいっっ♪」
おじじ「ふぉっふぉっ! ほら、おまえさん!!」
謎の男「あー、、あ、お、おれ。あ・・アレル・・好き・・・・ふぅ・・・・」
アレル「男さーんっ♪」
謎の男「んぁー は、はずかしーぜぇ・・・」
おじじ「ふぉふぉっ♪」

マゴ(むかぁ~~)
スラりん「ぴっぴぃぃ!?」
マゴ「スラりーん・・」
スラりん「ぴ~っっ ボク マゴ 好きぴ~!」
マゴ「スラり~んっっ!!」
おじじ「おーよしよし・・マゴよおー・・」

まだまおうの城の中を迷ってる5人

おじじ「のう・・そろそろはなすかのぅ」

謎の男「26年前のエロぼーけんか? ぉーまってたぜじーさん!!」
おじじ「違うわぃ! エロぼーけんじゃないわぃっ!!」
謎の男「・・すまねぇ・・・・・・じゃ、、聞かせてくれ」
マゴ「わたしがうまれるまえだよねーーおじじぃ」
おじじ「そーじゃのっ!」
アレル「やっと・・まってたよもう!・・・」
スラりん「ぴ~!」

おじじ「あれは、26年前じゃったかのう・・・」
おじじ「わしはまたルイーダにおってな。LVは54じゃったよたしか。」

アレル「ふーん。LV54・・・ねえ、たくさんの勇者と何度も冒険したんでしょ?すごーい」
おじじ「ふぉふぉ♪」

おじじ「でじゃ!わしの元に、きれものの勇者さまがきてのお。わしを旅のお供にしたいと。」
アレル「へえーきれものの勇者さまが!」

おじじ「ふむ・・でじゃ・・・勇者さまはの。もうひとり誘ったんじゃ。そいつわ女そーりょじゃったわい」
謎の男「ほぉーおれとおなじそーりょか・・・」
おじじ「おまえさんとわぜんぜんちがうわぃ!」
謎の男「ぉぃ・・わ・・わかったよ・・・」
アレル「あはは♪」

おじじ「ふぅぃ・・で勇者さまは18さい LVは36じゃーよ。そーりょは25さい、Lv30じゃったよ。たしか・・・」
謎の男「ほおおーー おれと同じか。」
おじじ「にとらんワィっっ!!」
謎の男「ふっ(・・・じーさん気がたってるぜー・・・・)」
アレル「Lv36のきれものの勇者ってさー なんか強そー・・・・」
おじじ「たしかにあいつわすごかったわぃ・・強力な呪文たくさん使ってたしのお」
マゴ&スラりん「わたし賢者になりたいよーー・・」「ぴ~?」
おじじ「だいじょーぶじゃーよ!賢者になりたければダーマでなくとも、道はたくさんあるじゃーよ。」
マゴ&スラりん「うん・・・おじじぃ・・」「ぴぴ?」

おじじ「むう。で、その勇者さまはの、すぐさま・・・わしとそーりょをアリアハンからルーラで」
おじじ「いろんなところへ飛んだんじゃーよ・・・」
おじじ「あいつはだらだら旅するよりルーラを使いまくってあちこち情報収集するのが趣味じゃったのおー」
おじじ「での、女わのう、わしにそーだんをもちかけてきたんじゃーよ。」

謎の男「ほぉーぅ・・・恋愛のかぃ」
アレル「うーん、、すっごく気になる~っ」
おじじ「まああわてるでない。ゆっくり話すんじゃーよ」

おじじ「で、きれもの勇者を好きになったその女わの・・・」
おじじ「わしを好きになってしまったんじゃーよ」
謎の男「ほうぅ・・・・このじーさんをか。」
おじじ「なんじゃとぉ?」
アレル「へえーおじじさーん・・わかーい・・」
おじじ「ふぉーふぉ♪」
マゴ「おじじぃ・・・それってさーうわきでしょ・・おばーちゃんにばれたら怖いよー・・・」
おじじ「ごほっ!! な・・ないしょじゃーよぉおねがいじゃーよ・・・ふぅうぃい・・」
マゴ「はあーーい・・」
スラりん「ぴぴ?」
謎の男(・・・・くくっ・・・笑っちまうぜ・・・)

おじじ「ふう!でのおわしは勇者さまに話したんじゃーよ。」
おじじ「そしたら、勇者さまはのぅ・・わしをねたんでのお。でじゃ、勇者さまは、勇者をやめてしまったんじゃーよ。」
アレル「えーーー? やめたんだーー・・・」
謎の男「勇者をやめる・・・ほぅーぅ・・・」
マゴ「ねえおじじーそれって転職??」
おじじ「いや、あれじゃよ・・じぇらしーじゃよ・・・・・」
マゴ&スラりん「なんかわかんないよー」「ぴー」

おじじ「むう・・ふむでな、武道家になった勇者どのに しだいにその女そーりょは目を覚ましはじめたんじゃーよ」
おじじ「わしより、わかい元ゆーしゃどの。に夢中になってのぉ」
おじじ「いつのまにか、わしは邪魔者扱いされてての」
おじじ「でじゃ。1年後じゃったかのお・・・ 勇者、、いや元勇者どのは、冒険をやめたんじゃーよ。」
アレル「へえー でどーなったのっっ?!」
謎の男「ぉう、しりてーぜ・・・・」

おじじ「ふむ。わしをアリアハンにおいてっての! ふたりはどっかにいってしもーたよ!! ふぃい・・」
おじじ「今でも この世界のどっかで二人っきりで幸せに暮らしておるじゃろ」

おじじの話はやっと終わった

おじじ「いまのそこ・・おふたりさん わかるじゃろぅわしのきもち・・」
アレル&謎の男「うーん・・」「・・わかんねーぜ。」

おじじ「ふぅうえ・・・そーかのうぅ・・」
マゴ「どーしたの おじじー?」
アレル「おじじさん、心配しなくても、私たちと一緒だよ!」
謎の男「ぁー、おれもだぜ。じーさん!」
おじじ「ふぉふぉ!そーかの♪ わしゃうれしーわぃぃ♪」
マゴ&スラりん「わけわかんないよー」「ぴー?」

謎の男「ぁあ・・・・んーー・・・」
おじじ「こんどわなんじゃぃっっ?」
謎の男「ぉ・・・でもよ・・・なんか、ひっかかるぜー・・・・・じーさん」
謎の男「その・・女そーりょに なにかしたんじゃねーのか・・・・・?」
おじじ「ぐふぅ・・するどいわぃ・・・」
おじじ「・・・・あの女を勇者どのに向かせるために、いろいろやったんじゃーよ。」
謎の男「ほぉーーうう エロ・・かぃ。」
おじじ「・・・・あたっとるわぃ・・」
アレル「へえーふーん・・・やっぱりぃ♪ ちょっとえっちぃぽかったもん。ルイーダで会ったとき。」

謎の男「くくっ じーさん・・・やっぱりエロぼーけんじゃねーかよ・・・・」
おじじ「ぐふぅぅ そーじゃぃ ちょっとだけじゃーよ・・・・・・もうなにもいわんわぃ・・ふぅぅ」
アレル&謎の男「あはは♪」「ふっ♪」

おじじ「なにわともあれ、、わしはわしじゃーよっっ」
マゴ「そそ!おじじっ!」
おじじ「おおーかわいいマゴよぉ・・・・おおおおーーー」
マゴ「おじじぃーー」
スラりん「ぴ~??」

アレル「ふーん。おじじさんも いろいろくろーしたんだねー で、えっちぃこともたくさんしてたんだー。あはっ♪」
謎の男「ぁあ・・・・・・このじーさんわ エロキューピット だぜ・・・ふ♪」
おじじ「えろきゅーぴっと じゃと・・」
マゴ「・・・なにそれおじじ?」
おじじ「むうぅ」
アレル&謎の男「あはは♪」「ふふっ」

アレル「ねえ、男さん!」
謎の男「んぁ、なんだ?」
アレル「ねえ、わたしももっと色っぽくなるのかなあー」
謎の男「さあーわかんねー」
おじじ「ふぉふぉ♪ あの女そーりょのよーにか?」
アレル「・・・うーん・・♪」
謎の男「・・・こどものままじゃねーのか・・?」
アレル「・・・・それもいーよねっっ♪」
謎の男「? (ぉお・・・また心臓に悪いぜーー・・・・ふぅ)」
おじじ「ふぉっふぉ♪」

マゴ「ねーわたしはーー?」
謎の男「んぁ、おまえか・・・さあーわかんねー・・」
アレル「うーん・・」
おじじ「ふむ・・アレル似ではないのぉ!」
マゴ(むっかああー・・・!!)
スラりん「ピィッ!?」
おじじ(ふぅうぇ・・っ にっ似てきとるわぃぃ・・・・)

アレル「ねえ男さん、手つながない?」
謎の男「ん・・ぁ・・んーーー ふっ・・・」
アレル「あー♪ なんかからだポカポカ~~♪」
謎の男「んー、お、おれも。あったかいぜーー」
アレル&謎の男「あたしたち、、なんかお似合いかなーっっ」「ん・・・そー・・かな・・」
おじじ「ふぉーっふぉ♪」
マゴ&スラりん「す、、スラりーぃん」「ぴぴーー?!」

続きを読む

▲ ページ TOP へ戻る